よすのブログ

SimutransやFFRKネタを中心に。鉄道ネタも?

2015年春ダイヤ改正の発表を考える① 京阪神の普通列車

久々の更新ですね。いや、こうなることはわかっていたんですけども。

先日(12/19)、JRグループ各社及び三セク各社・関係私鉄から、ダイヤ改正についての発表があり、一部を除いて出揃いました。

既に冬休みとなり自由な1日となっていた僕は、14:00頃からプレスリリースの内容を要約してTLに流して自己満足しておりました。意外と好評だったので、来年もまたやりたいとは思っていますが、いかんせん数が多いので、twitterでは内容を要約し、たくさんの区切りで分けてつぶやいていました。結構なツイート数になったのですが、まだまだ残っているのが実情です。

残っているものは、正直まとめずらそうに見えたのでスルーしたものばかりなので、twitterでのまとめは終了し、今までのまとめをブログ上でさらにまとめていく段階に入ろうかと思います。

 第1回は京阪神。僕は関西在住ですので、地元からということになります。

京阪神地区の普通列車についてまとめたものが次の2つのツイートです。本当は京阪神③&北陸①とかいうのもありますが、北陸特急にしか触れていないのでここでは省略します。

特急列車も混ざってますが、気にしない。余裕があればまた別の機会に触れます。

まず①にある、琵琶湖線方面の平日朝に新快速増便です。まず琵琶湖線→大阪方面ですが、現在琵琶湖線方面からの新快速の始発は米原6:15発、野洲6:41発、京都7:14発、大阪7:45着です。それより早い時間につこうとすると、快速を使うことになりますが、京都まで各駅に停車するので、米原-大阪では15-25分余計に時間がかかります。そこで、野洲6:11発の新快速を増発することで、利便性の向上を図ったようです。また、この新快速は大阪以西では、現在大阪始発となっている、大阪7:17発の新快速のダイヤを踏襲するようです。こうしてまた大阪始発・終着の新快速が減りました。大阪6:51発姫路行も野洲あたりから来るようになるのかなとか思いましたが、よく見るとはるか3号がほぼ同じ時間帯を走っていますので、難しそうですね。

なお、現在のダイヤでは、野洲を6:11以降で最も早い6:14発の列車に乗っても、大阪7:27着ですから、13分の短縮となりますし、姫路へは約27分早くつけるようになります。逆に、今回増発される新快速と同じ時刻より早く大阪・三ノ宮・姫路に着こうとすると、野洲5:56発に乗る必要がありますので、15分ほど余裕ができることになります。

一方の大阪→琵琶湖線方面ですが、平日に運転されている大阪6:48着の新快速が、琵琶湖線方面へ延長運転されます。現在はこの新快速を利用すると、大阪からは快速利用となり、京都には7:30、草津には7:57、野洲には8:07に到着しますが、このダイヤ改正以降は京都には7:19、草津には7:42、野洲には7:50の到着です。なお、野洲行か、もっと先まで行くかどうかは不明です。大阪6:33発の新快速も姫路発になるんですかね。知りませんが。

 

次に学研都市線の日中のダイヤの変更です。具体的には、現在塚口同志社前・木津間で毎時2本ずつ、計4本運転されている「快速」を「区間快速」に変更し、普通列車の運転を四条畷~長尾間にかえるということのようです。各駅での対京橋での有効本数は毎時4本のままとなりますが、尼崎・北新地・京橋方面から、星田以遠の快速停車駅にいく場合は所要時間が従来より2-6分程度増えることになります。

学研都市線ユーザーの知り合いによると、この区間を走る昼時間帯の快速の車内は、今でも土休日は割と混んでいるようで、それに今まで普通に乗ってた人が加わることになるため、混雑が見込まれています。

 

この記事で最後にとりあげるのは、俗に南アーバンと呼ばれる、大阪環状・阪和・大和路の各線です。夕方ラッシュ時のダイヤが大幅に変わるようです。根本にあるのは、快速列車の発車時刻のパターン化です。環状線から阪和・大和路両線へ直通する快速は大阪駅時点では15分間隔となるほか、阪和・大和路線天王寺駅の発車時刻もおおむねパターン化されます。また、はるかの所要時間も短縮されます。

一方このあおりをうけて、阪和線では普通列車の本数が1時間あたり1-2本の削減となります。環状線でも普通列車が減便される可能性があり、この点について沿線の鉄道ファンから懸念の声があがっているようです。

この他に大和路線では23時台に、普通が1本減る代わりに快速が増えるほか、奈良~加茂間を運転する夕方の大和路線列車は20-25分間隔の運転から25-35分間隔の運転となります。

また、阪和線関係では、特急はるかと快速が日根野で、特急くろしおと紀州路快速が和泉砂川で毎時1回ずつ接続を取るほか、延長線上にあるきのくに線では、平日朝に和歌山~海南間で普通列車が増発されます。

その他の地域はまた気が向いたら今度ブログ上においてもまとめます。