よすのブログ

SimutransやFFRKネタを中心に。鉄道ネタも?

トワイライトエクスプレス48時間。

車両の老朽化や北陸新幹線北海道新幹線開業の影響で、3/12発車分が最終列車となる寝台特急トワイライトエクスプレス(以下トワイライトと略す)。
日本海側を通る区間が長く、冬には雪の影響でよく遅れます。既に今季だけで2回、京都駅においてサンライズエクスプレスとトワイライトが並びました。この時のトワイライトはおおよそ16時間遅れです。
ところが、2/13札幌発のトワイライトは、それをさらに超えました。この列車は奥羽本線内の主に大館~弘前間の県境区間における大雪の影響で、青森駅で抑止となっていました。ちなみに、同日の札幌行も大館駅で抑止となっていました。
なかなか雪がおさまらず、除雪も進まなかったため、札幌行きは運転が打ち切られ、青森までバス代行輸送となりました。この影響で、折り返しとなる14日札幌発は運休となりました。ちなみに、こちらには先輩が乗る予定でしたが、運休となったため、たまたま運休判明直後に切符が購入できた北斗星上野行きに乗った後、いわゆる東海道乗り継ぎで帰っています(まるで18切符シーズンですね)。
さて、件の大阪行きですが、一向に運転再開となりません。再開見込みはどんどん遅くなっていったようです。
長い抑止のため、何回かドアを開けて乗降扱いを行っていました。また、新幹線経由で帰ったお客さんも30人ほどいたようですね。
何回目の17時頃という案内が、19時頃に変わり、さらに運転再開しても弘前でまた抑止となるとの放送があったようです。
結局19時前に発車したトワイライトは、弘前でのたいした抑止もなかったようで、大館までは徐行運転だったようですが、そこからは通常運転になったそうです。青森での抑止は約21時間に及びました。
大館駅時点では既に24時間以上の遅延となり、ほぼそのままの遅れで大阪には25時間半遅れた15日14:30頃の到着でした。乗車時間は倍以上ですね。
車内ではじゃんけん大会・クイズ大会なども臨時で行われていたほか、差し入れも多数あったようです。
ここまで来ると、本当にうらやましいです。あぁ1回乗ってみたかったかもな(正直に言うと言い切れるほどではないのです)。
ところで、僕が詳しい情報を流せていたのは、後輩がたまたまこのトワイライトに乗っていて、情報をメールで送ってくれていたからです。情報と転載許可、本当にありがとうございました。
また明日以降、ゆっくり土産話を聞きたいと思います。もちろん北斗星に流れることになった先輩からも。他の地域へ行った人からもです。
私は旅行には行けてません。散髪が1番遠いお出かけ先です。まぁ冬休みに北陸にいったのでね。その話もまたいつか書こうと思っています。ゆっくりおまちくださいまし。