よすのブログ

FFRKネタを中心に。交通ネタやその他日常の話題も?

【FFRK】今更魔石ダンジョン★4 ③(水の記憶・クラーケン)

魔石ダンジョン★4を★5実装までに一通りクリアすることを目標にしつつやっているこのシリーズ(プレイ自体はブログ更新日よりかなり早くやっています)。第3回は水の記憶・クラーケンです。ヴィンセントチェインを手にイスケビンドに先に挑もうかとも思いましたが、氷の結晶はそこまで足りていないわけではないので、順番通りクラーケンを先にこなすことにしました。

魔女はかゆいところに手が届かない

私の雷パーティーは魔法基軸。★3では、シャントットチェイン&バースト・アーシェバースト・デッシュバーストにオニオンナイトバーストとヴァニラバーストを組み合わせてクリアしていました。

しかし、デッシュバーストの火力の低さはずっと気にかかっていました。バーアビに短縮効果がついているとはいえ、そもそもの能力が低くて時代遅れ感が出ていたのです。

時代に遅れてしまったものは仕方がないので、★4ではデッシュを退場させることにしました。もっとも、シャントットとアーシェに超絶が追加されたり、★6黒魔法アビリティが実装されたりしているので、メインアタッカーが2人でもなんとかやれなくはない状況ではあります。

しかし、アーシェを運用するなら是非ともほしい、開幕纏いガチャマテが(取りに行ったのに)ない。ついでに言えばOF奥義も(取りに行ってないので)ない。この間のラッキー装備召喚でも、氷属性しか強化されず雷属性を強化することができなかった。パロムにはバーストがあるから、超絶が出なくてもガチャマテさえ出てくれればメインアタッカ―になれたのに。未だに開幕纏いガチャマテがヴェインのやつしかない自分が悲しくなります(FF12ナイトメアで活躍しましたが)。アフマウも超絶だけでバーストがありません。何回も回した3周年アニバーサリーフェス第1弾のラインナップにちゃんと入っていたのに。

このように、どうにもかゆいところに手が届かないのが雷魔法パーティーの現状です。ちなみに物理はさらに悲惨です。

このような惨状に対処するには……と考えていると、また反射が頭をよぎりました。地の記憶でも反射、雷の記憶でも反射、氷の記憶でも反射を使うのにです。しかも、今回は、チェインがある属性でチェインに乗らない普通の反射を使おうとしているのです。確実にダメージを稼いでくれる反射と攻魔バフを兼ね添え、サブアタッカーとサブヒーラーも兼ねられるアルフィノさんにはどうしても依存したくなりますが、ここはこらえて別のメンバーを起用します。

なお、触手は倒しません。

パーティー紹介

シャントット(使用必殺:チェイン・バースト・超絶)

彼女のチェインが2回目にガチャのラインナップに並んだ時に、私はこれを手にしたはずです。手にした当初はそのありがたみがあまりよくわかりませんでしたが、今になってそのありがたみが染みます。ガーネットチェインの登場でお役御免感がありますが、そんなことはガーネットチェイン未所持の私には関係がありません。さらに、1回目のハッピーガチャで超絶がやってきました。魔女アビリティの数少ない使いどころです。いかたく役にお膳立てしてもらって一気にチェインを稼いで、アーシェのお膳立てをします。なお、ヘルサンダーを高精錬にしたくなかったのでバーストも併用します。

②アーシェ(使用必殺:超絶・OF)(レジェマテ解放済)

2017年7月のFF12イベントで超絶を手に入れ、OFを持っている彼女は、私の雷パーティーの第一人者と言えます。超絶がなかった頃からかなり活躍していましたが、今回はさらに活躍してくれることでしょう。彼女のために連続サンダガを★5アビリティでははじめて精錬5にしました。連続サンダジャの精錬5(黒結晶210個、雷&風結晶126個が必要)は私にはしばらくは不可能だろうと考えた上での判断です。また、今回のクラーケン戦とFF12ナイトメアのために、アーシェのレジェンドダイブを今更ながら実行しました。実行後にダメージが3~4割増しになっているのは恐ろしいですね。物理パーティーの戦力がだんだん充実していき一部の魔法キャラが前線から離脱するのに従って、少なくとも知のフラグメント★5には余裕が出てきたためです。

オニオンナイト[★4魔石で2回目](使用必殺:賢者超絶)

珍しくたくさないオニオンナイトです。作り立てのボルテックで火力に貢献しつつ、後半用のプロテガや魔石召喚なども担当します。自身もアタッカーとなる今回、「賢たま」の真の実力が発揮されることでしょう。

ラムザ[★4魔石で2回目](使用必殺:超絶1)(レジェマテ解放済)

ひきつけ&いかたく。前半戦のカウンターを全て引き受けどんどんゲージをためていきます。全部で4ゲージも消費するシャントットや、とどめにOFを連打するアーシェ(と、場合によってはヴァニラ)へどんどんゲージを供給していきます。

⑤ヴァニラ[★4魔石で2回目](使用必殺:バースト)(レジェマテ解放済)

また出てきました。彼女は、今回も神モードと2連レジェマテに裏打ちされた高速ケアルジャと、即時発動バーストと精神アップによる高い回復量の全体回復でパーティーを支えます。今回は賢たまでも精神がアップするので、ケアルジャでの回復量は途中からカンストします。どう考えてもオーバーヒールです。全体回復も1ターン2500、ちょくちょく2回発動するので実質毎ターン大回復を打っているようなものです。踏みとどまるなんてなくとも彼女ならかなりのところまでやっていけるのです。と言いつつ、彼女も超絶2で踏みとどまるを使えるようになりました。もっとも、私はそれよりもガチャマテ2が欲しいですが……。なるべく早く入手したいところです。

編成

f:id:yostarmash8848:20180308175209p:plain

先述したように、連続サンダガは精錬5です。他はいかりを除いて全て精錬3以下で構成しています。

やたらとイクシオンが出ているのでイクシオンはLv.80にしています。また、ガルーダもLv.65にして挑んでいます。ミミッククイーンはまだ限界突破できていないので装備していません。ブレイズがそこそこ痛いので、シリオンも装備しております。サブ魔石のビスマルクは他のボスの対策でリクイドフレイムからバファイアLv.5を継承している関係でステータスが若干高いです。雷属性攻撃は15%強化、水属性耐性は11%強化、魔力は59アップ、防御力は91アップ、魔防は48アップです。

立ち回り

今回はまた3部構成です。

1度目のチェイン発動まで

開幕はオニオンナイトから行動開始。オニオンナイトは賢者超絶、ラムザはいかり、ヴァニラはウララ壁、シャントットはファストサンダー(→左触手)を選択。アーシェは少し待ってから*1ヴァリカルマンダを入力します。その後、ヴァニラの2ターン目でシェルガを貼ります。

ヴァニラとオニオンナイトはその後しばらく回復を続けます。ラムザはいかり続け、2回いかりを打ったらシャントットに託します。シャントットラムザからたくされるまでファストサンダーを本体に打ち続け、アーシェはチェインが発動されるまではヴァリカルマンダを打ち続けます。

チェイン1回目発動中

ラムザからゲージをたくされたらシャントットでチェインを発動。アーシェもこれに合わせて超絶を発動します。チェイン発動後はシャントットは超絶を発動してヘルサンダー(ダブル)で攻撃。アーシェは連続サンダガを打ち続けます。オニオンナイトは魔石召喚をチェイン発動と近いタイミングで行った後はボルテックを打ち、ラムザはいかり→たくす(→シャントット)→いかり連打と続け、ヴァニラは回復に専念します。手の空いた人は壁を更新しておきます。

チェイン2回目発動中

チェインが切れかかったら更新しますが、この頃から攻撃・カウンターがかなり激しくなってきます。ラムザの引きつけも効果が切れるので、オニオンナイトはバフを更新した後に回復役に移行します(なので、ボルテックは精錬2で足ります)。ヴァニラも単体回復をオニオンナイトに任せ全体回復を連打します。【狂】足がすべての攻撃の中で一番痛いので、フェイズ2とフェイズ3の最初の【狂】ウォータガの後にはなるべくバーストを発動するように心がけてこれに備えます。早め早めに回復していれば案外耐えてくれます。

シャントットはチェインの後にバーストを使用し、バーアビを打ち続けます。アーシェは引き続き超絶や連続サンダガを打ち続け、最後にOFを打ち込みます。ラムザは6回目までのいかりで貯まったゲージをアーシェへたくした後、2回いかって歴史の真実を使用してアーシェOFの待機時間をカットします。

結果

1回目で34.69秒でクリアできました。もう少し詰めれば30秒切りもできそうですが、召喚の結晶はそこまで欲しくないので周回は後回しにして、いったん次のボスに挑みます。

 

これまでの魔石ダンジョン★4攻略記事はこちらです↓

 


*1:オニオンナイトの賢者超絶の後に打ちたいためです