よすのブログ

FFRKネタを中心に。交通ネタやその他日常の話題も?

【FFRK】今更魔石ダンジョン★4 ⑥(風の記憶・ティアマット)

※この記事はキーストーン制が廃止されるより前に執筆しています。

 

……ついにやってきてしまいました。とびぬけて難しいという噂のティアマットがやってきました。思えば、このティアマットを最後にするためにチェインがないにもかかわらずミドガルズオルムに最初に挑んだのでした。魔力吸収の運ゲーもありますし、異常なスピードで叩き込まれる2属性の攻撃もある。そう簡単に倒せるものなのでしょうか…?

メンバー紹介

①セラ(使用必殺:超絶)

★3の頃からバーストで活躍していましたが、この間のラッキーガチャで超絶が入ったことでさらに強化されました。ひたすら攻撃していきます。

②リノア(使用必殺:チェイン)

★3の時はいませんでした。ティーダ同様、チェインを打つ(せざるを得ない)のが唯一かつ最大のお仕事です。ヴァリカルマンダも持てるのが地味にありがたい。

③アルフィノ(★4魔石で2回目)(使用必殺:超必殺)

火力とバフを兼ねるお助け役。今回はバーストは使いません。ケアルジャは何らかの事情でダメージが偏った際や、最後にセラやエーコを生き残らせるためにあがくために持たせています。

④シェルク(★4魔石で2回目)(使用必殺:なし)(レジェマテ解放済)

今回もいかたく役を起用しました。記事的には2回目ですが、イクシオンの周回に使うようになったので実質3属性目です。はじめだけリノアにたくしてチェインを発動させ、その後はエーコにたくし続けて超絶を繰り返し連打させます。

エーコ(★4魔石で2回目)(使用必殺:超絶)(第1レジェマテ解放済)

最初はツイスターを避け続けるためにヴァニラの代わりにローザを起用していました。魔法バリアもさることながら、自動回復2000も売りだったのですが、【狂】ツイスター以上に面倒な【狂】ジェットふん射も対策する必要があったので、踏みとどまるがあるエーコを起用することにしました。プロテガのほかにヘイスガ役を兼ねてたり、まだ余裕のある前半の間は魔神の賛歌を歌ったり(維持するのは難しいですが)と色々忙しい方です。今回のティアマット攻略のためにレジェンドダイブを一部解放して回復量を確保しました。

構成

f:id:yostarmash8848:20180315164822p:plain

メイン魔石はリクイドフレイムからバファイアLv.5を継承したビスマルクLv.99。フェイズ3の5ターン目(通算21ターン目)の【狂】ジェットふん射回避用です。その他、サブ魔石などを用いて氷属性攻撃15%アップ、風属性耐性10%アップなどを付与しています。

シェルクはフルダイブ、エーコは回復量確保のため半ダイブ*1。他は★4までです。セラとリノアはHPを結晶水で強化しています。

立ち回り

【狂】ジェットふん射がクリティカルヒットしないことを祈ります。もしクリティカルして無駄に踏みとどまるを消費した場合はリターンします。

開幕

はじめに動けるシェルクはいかり→ウララ壁→たくす(→セラ)→いかりと行動します。アルフィノは展開戦術→フェイス(セラ→リノア→アルフィノの順)、エーコはプロテガの後ジェットふん射を待って超絶、リノアはファストブリザドでゲージだめ、セラは連続ブリザガの後ゲージをたくされ次第超絶で纏います。

前半(チェイン1回目)

セラは連続ブリザガを連打し(次第に十分カンストが狙えるようになります)、ゲージが貯まり次第超絶を使います。リノアもゲージがたまったらチェインを使い、アビリティ3回→チェインのペースで行動します。アルフィノはチェイン発動後はヴァリカルマンダも打っていきます。シェルクはひたすらエーコにいかたくします(いかり*2→たくす→いかり*3→たくす→いかり*2~3→たくす)。

エーコは魔神の賛歌を使いつつ、必要な時*2に超絶を打っていきます。【狂】攻撃は2回で、その他の全体攻撃でも3回で踏みとどまるを消費してしまうので、基本的に魔神の賛歌1回ごとに(はじめのみ魔神の賛歌を2連続で打てる)超絶で踏みとどまるを更新していく必要があります。

後半(チェイン2・3回目)

30秒過ぎ(16ターン経過)にフェイズ3に入って、魔力吸収→【狂】ツイスター→【狂】ツイスター→力吸収→【狂】ジェットふん射→【狂】ジェットふん射と行動されるので、このフェイズに入った段階でビスマルクを召喚します。理想的には1度目(18ターン目)の【狂】ツイスター後に超絶を使って次の【狂】ツイスター(19ターン目)は普通に回避し、【狂】ジェットふん射は1度目(21ターン目)をビスマルクで、2度目(22ターン目)を踏みとどまるで回避するのが理想ですが、多少ずれても問題ありません。

これ以降はほぼ毎ターン*3超絶が必要になるので、魔神の賛歌を歌うのはあきらめます。シェルクによるゲージ供給が間に合うことを祈ります。魔力バフが切れるとセラの火力が落ちてしまいますが、そこはなんとかなります。

なお、普通のツイスターやらジェットふん射やらで踏みとどまるを消費されているようでは到底供給が追い付かないので、20秒台のうちにきちんと壁を更新しておく必要があります。(プロテガは50秒頃まで持つので更新しなくても大丈夫ですが)。

結果

f:id:yostarmash8848:20180315165022p:plain

試行錯誤の結果、45秒前後でクリアできるようになりました。フェイスや魔神の賛歌のおかげで魔力吸収も対策できていますし、回復量をあげたことで余裕をもってエーコ超絶を使えるので、【狂】ジェットふん射がクリティカルヒットしない限りは思ったよりは安定してクリアできそうです。

 

これでようやく6属性の攻略が終わりました。このままセイレーン・ハーデスも攻略していこうかなと思いましたが、どちらもティアマット以上に厳しそうなので、しばらくは6属性の周回をしつつ必殺技の充実などを待つことにします。まあ1年後ぐらいですかね。

 

このシリーズのこれまでの記事はこちらです↓

 

 

  

  

*1:踏みとどまった後に超絶を使った後、1度ならすべての攻撃を踏みとどまるなしで耐えられるようにするため。1つ目のマテリアをとるために最小限必要なもの+回復量6%UPを獲得しており、心・知のフラグメントをそれぞれ45個消費しました。ギザマルークを育てていればそこまでいらないかもしれません

*2:4ターン目のジェットふん射のあと、8ターン目の【狂】ツイスターの後、11ターン目以降の最初の全体攻撃の後、以降は踏みとどまるが消費される毎

*3:クリティカルヒットしない限り、超絶はティアマットの行動2回ごとに必要になるが、他の行動を挟むとまず間に合わなくなるので超絶以外の行動はできない。